マニア向け家電としてのブルーレイレコーダーにスカパーのプレミアムサービスに対応したチューナー内蔵のモデルが登場

デザインと使い勝手 家電製品の魅力について

マニア向け家電としてのブルーレイレコーダーがスカパー対応に!

スカパーのサービスの名称が変わったので、少し混乱してしまいました。よくわからなかったのでヤマダ電機まで行ってスカパーのパンフレットをもらってきたくらいです。そのパンフレットにはまず110度CSのサービスが書かれていました。次にプレミアムというサービスが書かれていました。この110度CSとプレミアムの差がピンと来なかったのです。同じような番組構成に見えたのでなおさらです。結局従来のCSスカパーはプレミアムになるみたいですね。なんか説明があまりなかったので、理解するのに時間がかかりました。従来のCSも今ではハイビジョン放送も多くなって、クオリティは110度CSとあまり変わらないように感じました。マニア向け家電としてブルーレイレコーダーがありますが、現在はこのプレミアムサービスに対応したチューナー内蔵のモデルが売られています。

これまでスカパーというと録画環境は決して良くはなかったのですが、ブルーレイレコーダーの対応モデルが出てきたことで、録画が容易くなってきました。なによりうれしいのがスカパーの放送番組表を高精細表示で映し出せることでしょう。ハイビジョンテレビの大画面で細かい文字までくっきりと表示できるので番組表が見やすくなります。録りたい番組を探すときにも便利ですね。もちろん番組予約もこの放送番組表から選ぶことで可能です。スカパーはビデオオンデマンドではないので、やはり録画して楽しむのが一番です。