家電のレコーダーを購入した。本来の目的からは反れたが、カラオケで録音することで便利に利用できている。

デザインと使い勝手 家電製品の魅力について

意外なところで力を発揮した家電製品レコーダー

家電製品のレコーダーを最近購入しました。購入理由は職場でトラブルに巻き込まれたのでその証拠を残すために、と思ったからです。しかし、購入してから職場の相手は私の意図に気づいたのか、以前のような暴言を全く吐かなくなってしまいました。音声をレコーダーに録音はしてみてはもののほとんど役に立たないものになってしまいました。また、役に立たない余計なものを購入してしまったか、と後悔していましたが、とある使い方に気づきました。

その方法とはカラオケで自分の歌声を録音することです。私はカラオケが好きでカラオケに週1回のペースで行きます。一人で行くことがほとんどでその際はいつもカラオケマシンの採点機能を利用しています。マシンでの点数が高いと当然気分もよく上手く歌えていると思います。しかし、いざ録音した声を聴いてみると、とてもじゃないけど点数通りに歌えているとは思えない部分が多々ありました。簡単にいえばオンチ、ヘタクソだということです。採点機能はあてにならないな、と痛感しました。それから、実際の歌を聴いて少しでも悪い個所を修正するように努めました。その効果があったか分かりませんが、点数も上がったし、自分で聴いていても上手くなったと思うところがありました。今でも週1回カラオケに通って、夢は大きく紅白出場なんて大それたことは微塵も思っていなくて、夢は素朴にのど自慢出場を目指して歌っております。本来の目的とは外れたレコーダーですが役割は充分に果たしてくれています。

サイトリンク