レコーダーもいつかは家電の進歩によって、ビデオデッキのように旧世代の録画機器となるのでしょうか。

デザインと使い勝手 家電製品の魅力について

レコーダー現代の録画できる家電です

ひと昔前にはレコーダーではなく、ビデオデッキが主流でした。DVD自体、最近の感覚なのが、年を取ったと感じますが、家で使っている録画家電はビデオデッキではなく、ちゃんとレコーダーです。ビデオデッキはもう処分してなくなってしまいましたが、まだビデオテープは家の押し入れの奥に眠っています。普通の録画用のビデオテープでしたら、中を確認するか、背表紙のラベルを見て、処分できるのですが、そこそこ金額をかけた、有名アニメ映画のビデオや、映画のビデオテープは処分しづらいです。オークションに売っても、リサイクルショップに持って行っても幾らにもならないですし、家にあってもビデオデッキがないので観る事もできないので、早く処分した方が良いのですが、捨てられずにいます。

レコーダーもビデオデッキの様にそのうち時代遅れになるのか、自分にはわかりませんが、レコーダーで観ることのできるDVDもたくさんあります。家電の進歩は自分が思っているよりも早いので気付いた頃には、レコーダーではなく、違う録画機器になっているかもしれません。そうなると、自分的にではありますが、ビデオテープ・DVDと捨てられない物が増えてしまいそうです。レコーダー自体コンパクトになったり、色々な性能・機能が増えるのは、自分は進歩についていけないかもしれませんが、賛成です。しかし、録画メディアの媒体が変わったりするのは、ちょっと反対です。もし、レコーダーに代わる違う世代の家電が出たら、レコーダーは捨てずに押し入れの奥にDVDと一緒に眠らせて置こうと思います。