家電コーナーで売っているレコーダーの使い方について説明しました。幅広い用途があり利用価値があります。

デザインと使い勝手 家電製品の魅力について

家電コーナーで売られているレコーダーは用途がたくさんあります

家電コーナーにあるレコーダーというものを知っているでしょうか。録音機と言い換えてもいいでしょう。これはよくテレビで政治家の発言を新聞記者がレコーダーを使って録音しているのを見ます。これは小さくても性能がよいものが増えていて近くのお店で売っているものでも十分な機能があります。ちょっとした会議の内容を録音しておきたいという場合にはこれを使うといいでしょう。後で内容を確かめることが簡単になります。性能が良いので集音器のようなものが必要がないのが良いところです。またそれを使ってテープ起こしで会議の内容を文章化することもできます。これは重要で大事な内容であれば必須ではないでしょうか。また普段の会話をこっそり録音することもできます。悪用してはいけませんが鞄などにこっそりと忍ばせておくことでもかなり会話内容を録音できます。ただ盗聴のようなことは問題になりますので止めておいた方が良いでしょう。

家電のレコーダーを使う用途としてはまだまだあるでしょう。例えば自分の声を録音するということもいいと思います。話し方を矯正したいという人は自分の声を録音してみると悪いところがみえてきます。自分の話し方や声の出し方というのがどれだけ酷いかということも分かったりしてショックな部分も出てきますがそれは事実として受け止めることができます。普段は分からないので自分を見直す契機になると思います。後はカラオケで歌ったときに録音しておくという使い方もあります。自分は気持ちよく歌っているつもりでも音程が外れていたりと聞き苦しいところがあると後で正確に理解することができるでしょう。これはカラオケ上達の秘訣です。